×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブリーチ夢小説とは

ブリーチ夢小説という言葉が最近流行していますが、小説の中で自分の名前を置き換えれば、夢のような小説の中に自分が登場できる小説なのです。ブリーチ夢小説が密かなブームになっているのは自分を非現実の世界に置いて楽しめるからなんですね。ブリーチ夢小説の虜になった私は、ブリーチ夢小説のサーチランキング1位からひたすら読みふけりました。もちろん、自分を主人公に置き換えてです。
ブリーチ夢小説にはまったのは、現実逃避ではありませんが、毎日の雑踏から抜け出して、ゆっくりと心を癒したいという気持ちが強くなったからです。最近は、自分流の設定で、自分の好きな夢小説を書きたいとも思っています。名付けて、ブリーチ裏夢小説なんてタイトルどうでしょう。夢によくいうではありませんか、正夢、裏夢とか。小説の好きな人ならブリーチ夢小説を知ると誰でも虜になるのではないでしょうか。なぜか?夢を与えてくれるからですね。自分らしさを取り戻してくれる、人間らしさを取り戻してくれるのがブリーチ夢小説かも知れません。さて、自分で夢小説を書くのに一番のネックは時間の確保ですが、世知辛い今の世に受け入れられやすいブリーの夢小説に挑戦しようと思っています。

ブリーチ(BLEACH)が始まったのはいつ?

ブリーチ(BLEACH)という言葉が出てきたのは2001年から「週刊少年ジャンプ」に掲載された漫画の名前からですが、子ども達に大うけして、第50回小学館漫画賞の少年向け部門賞を受賞した人気漫画だったんですね。ブリーチは今では、アニメ、コミック、グッズ、ミュージカル、映画などに取り入れられており、人気を保っています。
ブリーチは久保帯人氏の作品で、漫画の内容は、黒崎一護という主人公が、死に神の朽木ルキアと出会ったがために、死に神として悪霊と戦う物語ですが、色々な要因が複雑に絡み合って展開し、ブリーチ特有の世界観が圧倒的な人気を得たといえます。作者久保氏の豊かな創造力の結集作だったと思います。BLEACHは漫画・本として28巻が発刊され、70点以上のイラストが収録されたBLEACHイラスト集も発売されました。更にテレビアニメとしてテレビ東京系で「BLEACH」が放映されました。2007年9月にはDVDとしても発売されています。
さらに劇場版「BLEACH]が作成され、PSP専用ソフトとして、BLEACHヒートザソウルも発売され、人気が続いています。いずれも主人公黒田一護のほか、朽木ルキア、井上織姫、石田雨竜達のキャラクターが活躍します。

夢小説(ドリーム小説)の流れ!

夢小説(ドリーム小説)とは読者が特定の登場人物の名前を自由の置き換えて読むことのできる主にウェブ上に公開された小説のことです。夢小説(ドリーム小説)ウェブ上の小説なので、予め読者がジャバスクリプトやクッキーなどで名前を希望する名前に変えておけば、置換された名前が入った小説を読めることなんです。ただこれだけのことなんですが、最初から自分の名前が主人公とか人気キャラとして載っている小説を読むのは痛快ですね。正に夢小説(ドリーム小説)です。
夢小説にはゲームや漫画の主人公、キャラクターとの恋愛を取り扱ったいわゆる二次創作が多いとされていますね。ゲームや漫画では主人公の恋愛は成就することが殆どですので、主人公に自分の名前を付けることで、疑似恋愛を楽しめというわけです。芸能人相手の恋愛なら夢見物語ですね。最近では、名前を置き換えるのが動物であったり、恋愛感情のないものもあります。夢小説(ドリーム小説)は普通は女性が作った女性向けの小説をさすらしいのですがご存知でしたか?ネット恋愛小説やケータイ小説、同人誌流行ですが、夢小説自体、誰が作ったか定かでないということで、この方が夢とロマンがあっていいと思いませんか?

Copyright © 2014 ブリーチ 夢小説 ブリーチ裏夢小説 サーチ